2015年 ブログの書き納めです

ブログ

う~んと心の中で唸っていることが多かった2015年もあと少しで終わりです。今日で年内のブログの書き納めにします。

お出かけ・音楽・モータースポーツ・その他の4本立てにしてみました。

お出かけ

行先は小樽・胆振・道東です。気分転換をしたり、親戚に会いに行ったりする流れは今年もキープしました。写真を撮った割にはアップしませんでした。

編集のことを意識すると手につかないので、あえて何もしないという選択になったような気がします。パソコンを買い替えてから、画像編集ソフトをどうするか未だに決めていません。

今回のお出かけでは、仕事に対する見方に変化をつけてみました。

行った先でお仕事をするとどんな感じになりそうかをじっくりイメージするようにしました。

あえて展望を描いて仕事の幅を広く持たせたいと強く思えたような気がします。

ただ、短期間過ぎて深く展望を描くのではなく、直感的な描き方をしているので来年は強く深く描いてみたいです。

音楽

SING LIKE TALKING、古内東子、土岐麻子、角松敏生、山下達郎、竹内まりやに洋楽、フュージョンへの関心をより高めた1年でした。

SING LIKE TALKINGは通常のアルバムリリースがないなかで、最大限のライブツアーのパフォーマンス、そして、ボーカルの佐藤竹善は釧路でもお目にかかることができました。年に2回見たのは初めてです。

土岐麻子はサッポロシティージャズでやっと体感することができました。

角松敏生は今までのライブの中で前のほうで鑑賞ができ、彼の話をじっくり聞きながら音を楽しんで聴くことの意義を考えさせられました。

モータースポーツ

F1・SuperGT・スーパーフォーミュラ・Formula Eを中心にテレビで見ることができる範囲で楽しんでいました。

F1はルイス・ハミルトンが2年連続3度目のチャンピオンになり、さすがって思いました。

ホンダがマクラーレンと久々にタッグを組んだけれでも、まだまだ厳しい状況にあるというのはファンとしては残念でした。

小林可夢偉のスーパーフォーミュラ参戦は大変な驚きでした。今季はかなりいいところまでチャンピオンシップを戦ったので、来季のチャンピオン争いをさらに湧かせてくれそうです。

その他

まだまだ若造と言われてしまう年齢ではあるものの、あと少しで若造ではなくなることでスイッチの切り替えが重要になった一年でした。

物事の考え方、スケジュールの立て方を含めたプランニング能力を高めるのと同時に、行動力が成熟しきれていないかもしれない、という課題にぶつかっていました。

一人で成し得ない課題を他者に相談することをさらに増やしつつ、体調・体力に合わせて立ち止まりすぎないようにして、展望を描けるようにしていきたいものです。

そして、今までお世話になっている方や久々にお会いした方、初めてお会いした方々には、楽しみと新たなきっかけを作ってくれたということで、深く感謝しております。

来年も、当ブログをよろしくお願いいたします!皆さん、良いお年を!